12月に入って夕食の鍋率がアップしてきました。

虫くいの白菜やら、大根やらネギやら収穫。
食べない部分はその場で土に還し、水洗いして家に・・・。
Img_4a5a56e719048cfa6d59bd3b997d3b17
白菜 だいぶ虫くい
Img_7ce8dec3f27b7a97d99d2d880643211e
食べないところはその場でカット
冬野菜の類はおおむね上々の出来です。
基本有機無農薬栽培ですが、さすがに葉物の露地栽培は無農薬は無理なので、
白菜は植え付けの時期に薬を使っています。

11月に入って結球してくる頃には気温も低くなって害虫もほとんどいないはずなのですが、
今年は少々気候が不順で、白菜の形になってきたところでイモムシが発生!

外側や、上部が悲惨なことになっています。

大根はしっかりと高い畝を作ったので、50cm近くまで成長。
一本食べきるのが大変です。

虫くい部分やネギの青いところ、萎れた大根葉はその場で切り落として、
適当に畑の空いているところにぶちまけてます。
Img_512bf38edbc36c959e18de9969e7aad5
本日の収穫
梅雨入りはしましたが、伊賀では比較的晴天の日が多いです。
気温も上って、時々雨…、ということで野菜の生育が極めて順調。

夏野菜は例年より早めに収穫モードに入りました。

といっても、まだまだ適量が実るくらいです。
最盛期にはもてあます位になります。

本日はズッキーニ、キュウリ、ピーマン、万願寺唐辛子、茄子、ニラを
収穫しました。


Img_5a1a29c793c5a9f43f04d99dbdeb6533
夏場に比べると種類はグッと少なくなりますが、冬場も野菜を作ります。
たいていは秋口に種まきをし、冬の間ゆっくりと収穫といった感じですが、
下仁田ネギなどは1年以上かけて栽培します。

今年は残暑が長く、11月に入ってからは急に寒くなるなど、伊賀地域では
秋が短かったような感じです。冬の野菜も何となく不調の兆しです。

にんじんと大根は、まあまあの生育具合か・・・。

かぶは若葉のころに害虫に食われて2/3が壊滅。

何とか生き残ったものを収穫できました。
Img_e0712ef1d1fbbd48048bea0a18491cb4
コンソメと牛乳でさらりとしたスープにしてみました。

木のレンゲはRyuzさん (Click!) の作品です。