クラフト、企画展、個展と色々あって(言い訳ですが)、久々の更新。

相方の「nana bagel」の試作品を使ってランチに。。。
チーズ、ベビーリーフ、タマネギ、トマト、オクラをのせて、
バジルと黒胡椒を合わせたマヨネーズをかけました。

マヨネーズの変わりに豆腐のディップなんかで仕上げると、
もっとヘルシーなイメージになったかも!

Img_ab8dc73a94d740a0094094f4025e8fd7
ヘルシーな夏野菜のベーグルサンド
いつもお世話になっているチルチンびと広場さん。
全国のギャラリー、カフェやモノ作りの人たちなどを独自の切り口で紹介されています。

毎月のプレゼントコーナー (Click!) が設けられているのですが、なんと4月分に
拙作を取り上げて頂きました。

写真の青の他に、桜色のものも用意しました。
詳しくはチルチンびと広場さんのサイトまで。。。
Img_b9bfa721cda37b9f5135b01a5bd28f7c
年の瀬になると「年内に片付けておきたい」ことが
怒涛のように押し寄せてきますよね(同意求む)。

我家の玄関は8畳ほどの土間で、私のロクロ場を兼ねています。
先月、その土間と居住スペースの間仕切りの引き戸のガラスをぶち割ってしまいました。

寒さ対策として、ダンボールで応急処置をしていたのですが、
さすがに来客の目にもつく場所がこの有様では!
ということで、例によってセルフリビルドです。
Img_41bd9a823e167bb6c4638f09db4ebda6
ガラスが割れて素通し
ダンボールの目隠しをとった状態です。
居間が丸見え、&土間の土ぼこり入りまくりです。
Img_14c69505a416b6f6542223565dd2d673
引き戸を外し、ガラスの枠を外し
ガラスのはめてあった木枠を外して…。
木枠ははめ込み式なので、壊さないように添え木を当てて分解。
Img_f740ad586eb2fc1fd9ced70c73be292d
枠を解体
Img_ecce8c8810b93d0d9af7c100528ea50d
一見元通り?
例によって、ネット通販のガラス屋さんであつらえてもらった
強化ガラスに入れ替えて、修理完了!
見た目はそっくりなガラがあったのでこの通り。

田舎暮らしにはネット通販は欠かせません。
相方のイベント出店用に作りました。

今までは私のクラフトイベント用のものを併用していたのですが、
「重すぎる!」らしい。

まあ、イベントで私のディスプレイを見て頂いた方はご存知のように、
古い足場板を多用しているので、とにかく重いです。
総重量で60kg以上はあります。

ということで、コンパクト収納できて軽いものを出来るだけ
手間をかけずに作成することに・・・。
Img_fe73396bfdc0ec5d4453a44ecdaffc72
仕上がりの図
Img_ee1bfd4214ba9c98350f073a45f93863
ベースは折りたたみ式のすのこベッド
ホームセンターで桐製のスノコベッド、天板用桐集成材の板、金物などを調達。

まず、すのこ、板などをガンガン切る。

Img_c1c4a9a35285e287fdc336c4100617ae
準備した部材を塗装
天板、すのこ、すのこの目隠し板などの各部材をオイルステンで塗装。
後は組み立てるだけです。

Img_98a72c26956beb252ba5a719e364548c
すのこベッドをコの字型に固定して土台に
すのこベッドは蝶番が仕込んであってコの字型にも展開できるので、
高さを合わせてこれを土台兼目隠しに。
この上に天板を載せると内部は補充品などの置き場になります。

Img_0d2c9bd3153a6ab5ceceac0c5da2d87c
たたむとこんな感じ

たたむとこんな感じで軽自動車にも楽々積めます。

市販品の流用ながら中々上手くできたかな(自画自賛)
12月に入って夕食の鍋率がアップしてきました。

虫くいの白菜やら、大根やらネギやら収穫。
食べない部分はその場で土に還し、水洗いして家に・・・。
Img_4a5a56e719048cfa6d59bd3b997d3b17
白菜 だいぶ虫くい
Img_7ce8dec3f27b7a97d99d2d880643211e
食べないところはその場でカット
冬野菜の類はおおむね上々の出来です。
基本有機無農薬栽培ですが、さすがに葉物の露地栽培は無農薬は無理なので、
白菜は植え付けの時期に薬を使っています。

11月に入って結球してくる頃には気温も低くなって害虫もほとんどいないはずなのですが、
今年は少々気候が不順で、白菜の形になってきたところでイモムシが発生!

外側や、上部が悲惨なことになっています。

大根はしっかりと高い畝を作ったので、50cm近くまで成長。
一本食べきるのが大変です。

虫くい部分やネギの青いところ、萎れた大根葉はその場で切り落として、
適当に畑の空いているところにぶちまけてます。